次期総理と目される石破茂氏の派閥の人数はたった19人だった

次期総理候補と目されている石破茂氏率いる石破派は19人しかいないことを最近知ったのですが、あの人数だとどう考えても総理になるなんて無理だろうと思うしかありませんでした。
なのになんでまたマスコミが総理・総理と騒いでるのだろうかと不思議にすら思えます。
地方では人気がありトップになれても国会議員の選挙で逆転されたという前回かその前か忘れましたが惜しい総裁選がありましたが、今の派閥の人数では次回の選挙でも同じ結果になるのではないかと思います。
そして気になるのがこの人いつもインタビューの度に次の総裁選に出るのか出ないのかはっきりしない言い方ではぐらかそうとするのですが、それはやはり19人しかいない小派閥なので基本他力本願にならざるを得ず自信がないからではないかと思います。
もし細田派のような90人もいる大派閥所属ならもう少し歯切れのいい答えが帰ってくるだろうにとテレビで彼の話を聞く度に思います。
石破氏は10回も当選していてそれなりの器だとは思うのですが数の論理からすると総理になる確率はかなり低いように思えます。