タクシー車内に飛び交う、本当に有った嘘の様な珍問答

タクシーは種々雑多、様々なお客様が御利用なさいます。そして車内では信じられない様な面白い問答が繰り広げられております。これらは決して作り話では御座いません。

先ずは若いカップル。
男性「京都は北は行く事をアガル、南に行く事をクダルって言うんや」
女性「フーン、北へ坂が上がってんのかな?」
男性「そやな」

北が高くなっているのはたまたま当たっておりますが、だからアガルのではありません。昔、天皇が町の北辺に居られたからで御座います。それと、どうせならクダルではなく、サガルと仰って下さい。でもこのお二人は常識の範囲内で御座います。

 次に、飲み帰りの背広姿のお二人。
A「あれ?これ俺の上着と違うがな」
B「なんでや。何しとんねんな。しっかりせんかいな、アホやな」
A「誰のんや。エっと、ここにネームあるわ。あれ?なんや、お前のんやんか」
B「へっ、ほなら俺が着てんのん誰のんや。エーと、あ、これがおまえのんや」
AB「・・・ハハハハ」

他人様との間違いではなく、宜しゅう御座いました。

 それから、仲良し奥様、お二人。
A「さっきのお寺の池でさ、あひるが逆さまに首、水の中に入れたままやってん。
  あれ、溺れてんのとちゃうのん?」
B「何アホな事言ってんのよ。あれは、餌の魚獲ってるんやんか」
A「そうなんか。餌の魚を獲ってんのか。私、てっきり溺れてると思って心配した 
  わ」

奥様、あひるは魚は食しません。水底の水草を食しております。

 今ひとつ、食物連鎖関係をどうぞ。年配のご夫婦。
奥様「さっきのニュースね、保護した小鹿を山に返した話。一人で山で生きていけ 
   るのかしら?」
ご主人「そら、山やったら鹿の喰いもんぐらい仰山有るやろ」
奥様「そやね、山やったら鼠ぐらいいっぱい居るやろね」
ご主人「は?鹿が鼠食べるんか。ほなら、牛やったら兎食べよるんか」
奥様「う〜ん、無理やろ。牛小屋に兎はおらんでしょ」
ご主人「アホか」
奥様「何やの」

旦那様、あきれておられないで、奥様に正しい食物連鎖を教えてあげて下さいま
せ。

 最後に、若い娘御お二人。
A「なあなあ、ウズラの卵って、あれ何のたまごなん?」
B「何って、卵言うたら鶏に決まってるやんか」
A「そやけど、エライ小さいで」
B[そやから、鶏の子供の卵やんか」
A「ヘェ、そうなんや。鶏の子供の卵か。それで小さいんか」

何をか言わんや、で御座います。 http://www.adnbarranquilla.co/